クラブ ナンパ モテテクニック 筋トレ

【8つの裏技】クラブでのナンパ方法①【箱選びから声掛けまで】

更新日:

 

こんにちは!ぶたきち(@butakichi_mote(twitter))です。

 

今回は、ナンパの実践編として、クラブでのナンパ方法をお伝えします。

 

クラブナンパについては色々と説明したいことが多いので、「箱選び~声掛け」の段階と、「ライン交換~ホテル」の段階の2つに分けてご紹介します。

今回は、「箱選び~声掛け」のフェーズで使えるテクニックについてお話しします。

なるべく時系列で分かりやすく書いていきます。

クラブに行き慣れた方だけでなく、クラブに初めて行く方も参考にしてください。

1 箱(クラブ)選びで外せない4つの条件

最初はナンパをしやすいクラブにいって自信をつけるのがベストでしょう。

ナンパをしやすいクラブというのは、次のような条件を備えたところになります。

①客が多い、②や〇ざ&ヤンキーがいない、③客層が若い、④POP曲が流れる


①「客が多い」について…

婚活パーティーと同様、ナンパする相手が多ければ多いほど、ナンパがしやすいです。

金曜か土曜の夜0時頃に行ってみて「客がほとんどいなかった」というクラブには二度と行かないようにしましょう。

②「や〇ざ、ヤンキーがいない」について…

クラブの中には、ガチで暴力団に関係するような奴もいます。

フロアで男をぶん殴ったり、女の髪の毛をつかんで振り回したりするやつも見てきました。

そのほか、六本木の旧ガス〇ニックなどでは、店員が客に酒を無理やり注文させるという違法な営業をしていました。

もう潰れましたがそんな店には近づかないようにしましょう。

※六本木のクラブは、基本的に「金を使わせるために客と店員が結託してる」ような極悪店が多いです。(特に外人が店員をしているようなところは酷い)

ナンパをする目的なら渋谷にいきましょう。

声をかける代償としてこのようなリスクを背負っていては、「ナンパ」という行為の期待値が下がってしまいます。

しっかりとセキュリティのお兄さんがいて、安全に運営されている店舗を選びましょう。

③「客層が若い」について…

客層が若いところだと、「クラブに初めてきた」という女性も多いです。

そういう子はまだ男に声をかけられることに慣れていないので、グイグイ押せばライン交換もできますし、頭をポンポンしてあげると、懐にころっと入り込んでくれて、そのままお持ち帰りできたりします。

また、もちろん若い子とも知り合えるメリットがあるのですが、年齢層の高めの女性が落としやすいというメリットもあります。

「若い女子がいっぱいいるのに、なぜか私がチヤホヤされている」という境遇に舞い上がってしまうのか、客層が若いところで比較的年齢層の高い女性たちに声をかけるとかなり反応がいいです。

30歳オーバーの女性はかなりの確率で落とせます。

特に、結婚式終わりのドレスのまま、浮かれて遊びにきているような女性はかなり落としやすいです。

④「POP曲が流れる」について…

クラブで女性の気分をウキウキさせるのは、ズバリPOPミュージックです。

みんなが口ずさめる有名曲が流れるクラブ&時間帯を狙いましょう。

渋谷のATOMなどは基本的にこのようなPOPミュージックやEDMが流れる時間帯があるので、そのノリに合わせて女の子と乾杯したり、ハイタッチして仲良くなりましょう。

2 筋肉をつけて「クラブの正義のチケット」を獲得しよう

クラブは女性を取り合う戦場です。

そんな中、あなたがヒョロガリだと、女の子を口説いていても、マッチョなヤンキー男やホスト風の男に横取りされます。

 

横取りされている間、あなたは茫然と「彼女」とそいつが話しているのを見つめていることしかできません。

奪い返すこともできずに眺めているだけです。とてもショッキングな時間になります。

 

しかし、もし仮にあなたがムキムキだとすると、そんな「横取り」には遭遇しません。

あなたが女性に拒否られない限り、自由にアプローチし続けられます。

 

たとえ、うっかり彼氏と一緒に来ている女性に声をかけてしまっても、その彼氏は「てめぇ誰の女に声かけてるんだ!」と怒ったりはしません。

「おれの彼女なんだけど!」程度の言い方におさまります。それは筋肉ムキムキのあなたが怖いからです。

 

見た目がムキムキになるだけで、周りの人間すべてが優しくなります。

女性があなたを見る目も変わります。

筋肉は、クラブという場における「正義のチケット」なのです。

特にクラブナンパには必須のステータスになるので、頑張って鍛えましょう。

※そのほか、女にモテるための脳内物質テストステロンが分泌されるとか、服が似合うとか、色んな効果があります。

こちらの記事(【4つの理由!】筋トレすれば女性にモテる!【クラブもナンパも婚活も】)にまとめているので是非ご覧ください。

3 自分の中の「最高の自分」になって出かけよう

自分の中で少しでも自信が欠けたところがあると、自分から女性に声をかけられなくなります。

「肌の調子が悪いかも」「むくんでいるかも」「ニンニク料理を食べて口が臭いかも」「服とアクセサリーがマッチしていないかも」「チラっと見えるパンツがダサいパンツかも」、、、いろんな口実があなたを「声掛け」という行動から遠ざけます。

まずは、自分自身が納得できるような「見た目」「恰好」をしてからクラブに行くようにしてください。

※女性にモテるための身だしなみの整え方、コンプレックスの解消方法については、こちらの記事(【非モテを嘆く前に】見た目に自信が持てない人がすべき3つのこと【コンプレックス解消】)を参考にしてください。

4 「気のいいゴリラ」と仲間になろう

「ナンパ仲間が役に立つ」というのは、クラブでのナンパでも一緒です。

クラブでのナンパ仲間は、クラブで作るのがベストです。

クラブが好きな人は、誘えば来てくれるからです。

しかし、クラブには女のことしか考えていない自己中心的な奴しかいないので、ナンパ仲間を作ろうとしても難しいです。

 

ただ、よーく目を凝らして探してみてください。

1つのクラブに1人は、「気のいいゴリラ」という表現がマッチする「優しげな筋肉ムキムキマッチョ」がいます。

ひとまず、そいつと仲良くなりましょう。

そいつと仲良くなるメリットは2つあります。

1つ目のメリットは、「人に声をかける練習」になることです。

はっきりいって、気のいいゴリラに声をかけられなきゃ、女の子にも声をかけられません。

まず、「友達を作る」というところから慣れていきましょう。

ゴリラに声をかけて、一杯、酒でもおごって仲間にしましょう。

 

ゴリラとライン交換をできれば、「知らない人とライン交換できた」という成功体験が生まれます。

この体験が、あなたに自信を持たせます。

「次は女性ともラインが交換できるぞ」と思えるようになります。

ですから、クラブナンパのルーティンとして、ゴリラナンパをまずしてください。

 

もう1つのメリットは、男になめられないことです。

ゴリラと友達になれば、男にイチャモンをつけられるリスクが下がります。

「あいつ、筋肉ゴリラと友達やん・・・」と一目置かれるからです。

そして、「男に絡まれたらどうしよう」という不安要素が1つ消えるだけで、断然、女性に声をかけやすくなります。

是非、あなたの「ナンパ海賊船」の優秀なクルーである「ゴリラ」を探しにいきましょう。

※ゴリラと仲良くなることに悪いことはありませんが、酔っぱらって絡んでくる悪ゴリラや、人のドリンクを勝手に飲みだすような無法者ゴリラもいるので注意してください。探すべきは「気のいいゴリラ」です。

5 脈のある女を選んで効率よく声をかけよう

ゴリラと仲良くなったら、次は、声をかける女性選びです。

どういう女性に声をかければよいか検討するため、ぶたきちの経験に基づき、女性を要素分析してみました。

 

常連か否か…①いつもいる常連、②元常連、③月1回レベル、④年数回レベル、⑤初めて

 

何人で来たか…⑤1人、⑥2人、⑦3人、⑧4人以上

 

服装…⑨大学生風、⑩社会人風、⑪ギャル・キャバ、⑫ダサめ

 

コミュニティ…⑬DJと仲良し、⑭店員と仲良し、⑮男友達がいる、⑯女友達のみ

 

これらの要素の中でナンパしやすい女の子の要素は、青字の③~⑤、⑧、⑫、⑯です。

逆にナンパしにくい女の子の要素は、赤字の①、⑬、⑭です。

 

やはり、クラブにいつも来ている子は目が肥えており、店員らとも当然仲良くなっています。

そうなると、女の子としても「雑魚の男とは話さない」という変なプライドが邪魔してしまい、ライン交換などはしてくれません。

もちろん、あなたがDJや店員と仲良くなり、そこを通じて女の子と仲良くなっていく、という方法も考えられますが、コスパが悪いです。

そういう子はあきらめてしまいましょう。

 

一方、一番オススメな女の子の要素は、⑫の服がダサい子です。

「顔面がかわいいけど、服装がちょっと。。。」という子は一番ねらい目です。

むしろ、誰もが誉めない「服」を誉めましょう。

そうすればイチコロです。

服装は付き合ってから、いくらでも可愛くなります。

そういう子を見つけたらガンガン話しかけて酒もおごってあげましょう。

 

とにかく、最初のうちは、上記の「ナンパしやすい要素」を兼ね備えた女性を狙うように心がけましょう。

効率のいい「声掛け」で時間を有効に使いましょう。

6 大きい声を出す練習をしよう

クラブでも会話は大事です。

身体でのコミュニケーションも大事ですが、いきなりのボディタッチはあまり好まれません。

パターン化した会話でいいので、ある程度のコミュニケーションはできるようにしましょう。

 

ただ、そもそも声が小さい人だと、クラブの爆音が邪魔して会話ができません。

自信がない人は一人カラオケにでも行って、一定量の音を出せるノドにしてからクラブに行きましょう。

 

また、耳元に顔を近づけて会話をすることが多いので、耳の傍(首筋など)にボディークリームを塗って香りをつけるなど、ちょっとした配慮を怠らないようにしましょう。

7 話しかけるときの会話の内容は決めておこう

婚活同様、会話の内容はパターン化しておいたほうが無難です。

クラブでのナンパとなると、第一声をどうするかがますます重要になります。

以下に使える話しかけ方を3つ例示するので参考にしてください。

・「お疲れーっす」(レッドブルで乾杯)・・・たいてい使えます。ナンパ仲間と目の前で乾杯し、それに混ぜるような形で乾杯すると成功率がぐんと上がります。

・(肩トントン)「お姉さんいつも来てますよね。俺ファンなんです。いつもオシャレっすよね」・・・常連に効果があります

・(肩トントン)「一人ですか?」・・・たいてい「友達と来てます」と回答がある。そこから会話をつなごう。

そのほか、いきなりダンスで笑いを取るというのも盛り上がります。女の子が笑ってくれたらこっちのもんです。

特に、3人くらいで列になってちんちん電車みたいに繋がって踊り、女の子も巻き添えにするというのが、結構成功率が高いです。

とにかく、「声をかけたい」と思ったときにすぐに声をかけられるように「話しかける手段」はパターン化しておきましょう。

8 会話の初手で「伝聞効果」を使おう

クラブでは、なかなか静かに話せませんし、そもそも女の子は「イケメン以外の男と話したくない」と思っている子が多いです。

ですから、我々ブサ男が女の子の興味を引くには、会話のはじめの方で、かなり重要な一発(自分に興味を持たせる一発)が必要になります。

その初手であなたの好印象を強いものにするには、「伝聞効果」を使うのが得策です。

伝聞効果とは、「人からの伝え聞き」という形をとることで、相手に真実味を与えるという効果です。

「俺は世界で一番やさしいんだぞ!」と自分でいうよりも、「あの人って世界で一番やさしいのよ」と別の人に説明されるほうが、真実味が増します。

それをナンパに応用するのです。

具体的には、ナンパ仲間(気のいいゴリラ)に自分を「素晴らしい奴だ」と評価してもらうのです。

たとえば、「こいつってスゲー金持ってるんだよね」「こいつ実は資産家なんだよね」「こいつ医者なんだよね」などとナンパ仲間にいってもらうことで、女性からの信頼度がかなり上がります。

ハッタリでもいいので、そういう「一気に魅力を引き付ける情報」をどう伝えるかについて、ナンパ仲間と作戦を練っておきましょう。

クラブなんてどうせ一時的な性愛を楽しみに来ている男女の交流所です。

少しくらい騙し騙されあいがあってもかまいません。

とにかくクラブは本当に、初手で印象が決まることが多いので、この方法で一気に差をつけましょう。

まとめ

さて、今回はクラブのナンパにおける実践情報として、「箱選び~声掛け」までに使える情報をお伝えしました。

ポイントとしては、

①箱選びは人が多くてや〇ざのいないところを選ぼう

②筋肉をつけよう

③完璧な自分で臨もう

④気のいいゴリラを仲間にしよう

⑤脈のある女性だけ狙おう(常連はとりあえず避けておこう)

⑥大きい声を出せるようになろう

⑦話しかけ方を決めておこう

⑧伝聞効果で一気に魅力を伝えよう

の8つでした。

次回は、声をかけた後、どう連絡先を聞くか、デートに誘うかについて、具体的に書けたらと思っています。





恋愛テクニックランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-クラブ, ナンパ, モテテクニック, 筋トレ
-,

Copyright© モテ男が教えるモテテク講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.