ゲーセン トーク術 ナンパ モテテクニック

【暇人の集合場所】ゲーセンで女の子をナンパする方法【高成功率の方法を公開!】

更新日:

MasterTux / Pixabay

こんにちは! ぶたきち(@butakichi_mote(twitter))です。

 

さて、今回はゲームセンターでのナンパテクニックをお教えします。

このご時世ゲームセンターにいる女の子は「かなり落としやすい」です。

 

また、「ストリートや公園だと、通行人の目が気になってやりにくい」という人にとって、ゲームセンターは比較的声をかけやすい場所だと思います。

声のかけ方から、ラインの聞き方まで全てお伝えしますので、参考にしてください。

(関連記事=ナンパ・デート記録#1 「ゲーセンで声をかけたなめ子」 2013年~2014年?

 

1 声をかける女の子を探そう

ゲーセンでの声掛けは、時間帯を問いません。休日の昼間でもいいですし、平日の夜でもいいです。

そのゲーセンに人がいっぱい集まる時間帯を狙いましょう。

 

基本的にゲーセンに来てる人は時間を持て余しているので、結構気軽に話に乗ってくれます。

ただ、学生に声をかけると、店員にもマークされますし、そもそも条例違反で逮捕される可能性もあるので、注意しましょう。

高校生以下かそうでないかは、鞄や化粧をみたら大体わかります。もちろん、制服来てる子に声をかけてはいけません。

 

また、女の子が1人で遊んでいるように見えても、周りに取り巻きがいたり彼氏がいることもあります。

変なトラブルになると厄介なので、そういう男がいないか注意して声をかけましょう。

 

女の子1人だとナンパ成功率が高いです。

音ゲーコーナーやクレーンゲームでうろちょろしてたら、彼氏がいないか確認して速攻声をかけましょう。

もし、声をかけた後で彼氏が登場したら、正直に「すみません、1人だと思ってナンパしちゃいました。ご迷惑おかけしましたww」と素直に謝りましょう。

ナンパすること自体は犯罪じゃないので、暴力などをふるわれる筋合いもありません。

 

ナンパが成功しやすい女性をランク付けするなら、①女の子1人でクレーンゲームor音ゲー、②女の子2人でクレーンゲーム、③女の子2人でイスに座っている、という順になります。

 

プリクラを取っている女の子は「女友達との時間を楽しみたいの!」という子が多いので、話しかけてもそっけない子が多いです。

また、プリクラは男子侵入禁止となっているところもあり、「女子の空間」という空気感が強いです。

ナンパしに行っても異質な目で見られるので、あまり成功率は高くなりません。

 

なお、メダルゲームのコーナーには、基本的に熟女しかいません。

あなた好みの美熟女がいたら、声をかけてみてください。世界でもっとも暇な人種だと思うので、きっとナンパは成功すると思います。

2 声をかけよう(プレゼント編)

よさげな女の子が見つかったら、さっそく声をかけてみましょう。

声のかけ方で鉄板ネタが2つあります。

1つは、「プレゼント声掛け」です。

その名のとおり、女の子にプレゼントをいきなりあげるのです。プレゼントはなんでもいいです。

クレーンゲームでとったぬいぐるみなどがベストですが、ぶたきちはコンビニでお菓子をいくつか買ってきて、ゲーセンの袋に移しかえて渡してます。

 

声のかけ方はこんな感じです(過去の例をそのまま書きます)。

ぶ「すみませーん。これ、とれたんですけど、いりますか?」(お菓子の入った袋を手渡す)

女「え?え?笑。いいんですか?」

ぶ「はい。ほら、サクサクパンダ!」

女「ほんとだ笑」

ぶ「あ、二人ですか?デート中でした?俺もいま友達と2人だったんですよ」

女「はい。デート中でしたw」

ぶ「俺もデート中なんですよ!あっちに友達いるんですけど、マリオカートやろうっていっても中々やってくれなくてーwあ、お姉さん達、暇なら一緒にマリオカートやりません?俺お金出すんで!あいつ女子いたら絶対やってくれるはずなんですよw協力してください。おねがいします!」

女「えーwいいですよー?」

ぶ「おっけー!一緒にお願いしに行こ!」(ナンパ仲間の待つところへ連れていく)

 

本当に姑息な作戦なのですが、プレゼントを渡すことで断りにくくする」という心理的作戦を使っています。

プレゼントを受け取ってくれた女性には、かなりの確率で成功します。

ぶたきちは昔、クレーンゲームのプライズ(ぬいぐるみ等)で「プレゼント声掛け」を実行していました。

そのため一晩で数万円のお金がなくなることもありました(クレーンゲーム代に消えた)。馬鹿ですね。

ただ、プーさんのぬいぐるみを渡してた時は、ナンパ成功率は100%に近かったです。ぬいぐるみの力は偉大ですね。

どこかのお土産屋さんとかで、小さいかわいいぬいぐるみを大量購入して、ゲーセンの袋に移し替えてプレゼント作戦をしてもいいかもしれません。

3 声をかけよう(いっしょにやらない?編)

声のかけ方の鉄板ネタの2つめは、一緒にゲームなどをやりませんかと声をかける方法です。

 

「一緒にやりませんか?」作戦で成功率が高いのは、上で言ったマリオカートなどのレース系もですが、一番は音ゲーです。

「僕音ゲーに興味あるんですけど、やり方わからなくて。お姉さん上手だったからやり方教えてもらえませんか?」「というか、もしよかったら一緒に対戦やってくれませんか?」と誠実にお願いしたら、音ゲー界の姫たちは優しく教えてくれます。

 

1回対戦が終わったら、「ありがとうございます。もう一回だけお願いしていいですか?」といってお願いしながら、「名前」「よく来るのか?」「いつから音ゲーはじめたのか」「この音ゲーは難しいほうなのか」などを聞いて会話をして仲良くなりましょう。

 

そして、2回目のゲームが終わったら「ありがとうございます。お礼というわけじゃないんですが、隣のクレープ屋さんでクレープ食べませんか?」などといって誘いましょう。

あなたが見た目に気を使っている限り、2回もゲームに付き合ってくれた女神ならば必ずクレープを一緒に食べてくれます。

音ゲーやってる人はあまり交渉事が得意ではありません。

押せ押せでお願いすれば結構成功します。

4 自然とラインを聞き出すには「時間を稼ぐ」ことが大事

初対面の女性からラインを聞き出すには、少なくとも10分~20分くらいのコミュニケーション時間が必要です。

もちろん、上で言う「マリオカート」や「音ゲー」を一緒にやる時間も「コミュニケーション時間」に含まれます。

その時間が長ければ長いほど、女性の連絡先を聞ける確率が高まります。

 

ゲーセンに居る女性のうち、「このゲームをやりたい」とか何か目的を持ってきている子がいたら、それにとことん付き合ってあげましょう。

ですから、まずは、「きょうゲーセンに何しに来たの?」と尋ねましょう。

そこで「音ゲーやりに来たんです」といったなら、それに数回付き合ってあげれば、そのままご飯を食べたりできます。少なくとも、ラインは絶対きけるでしょう。

 

また、ゲーセンには特に目的もなく「待ち合わせで来た」という女性もいます。

そういう女性には、通常のナンパをしかけるしかありません。

通常のナンパ方法は、「公園でのナンパ」の回を参考にしてください。

【成功率60%】公園ナンパで簡単に女の子のラインをゲットする方法【7つの裏技】

 

なんとなく女の子の警戒心が強い場合は、最後の別れ際に「ご飯にいきませんか?」と誘いましょう。

そうすると、きっと女性に「いや今日は用事があるのでww」と断られると思います。

 

そしたら、「じゃあ、このクレーンゲームでぬいぐるみ一発で取れたら行ってもらえませんか?」とお願いしましょう。

きっと、そのクレーンゲームは失敗します。そこで「あー、残念www」というノリになったところで、じゃあ、ご飯あきらめるので、「友達にだけでもなってもらえませんか?」とラインの交換を申し出ましょう。

 

「ご飯のお願い」→「クレーンゲームのハラハラ感」→「安心」→「ラインの交換なら・・・」という心理的なアップダウンを利用するのです。

心理学的にはドア・インザ・フェイス(最初に過大な要求をふっかけて段々と要求をグレードダウンさせることで、相手に「それならいいか」と思わせる効果)に似ていますね。

まとめ

さて、今回はゲーセンナンパについてお伝えしてきました。

ポイントは、

1 学生には声をかけないように気を付けよう&店員に目を付けられないように気を付けよう

2 プレゼント声掛け、やりませんか声掛けが効果的

3 コミュニケーション時間を延ばす工夫をしよう

の3点でした。

ゲーセンナンパの会話術は基本的に公園ナンパや婚活パーティのトーク術でお伝えしたことが基本となります。

【成功率60%】公園ナンパで簡単に女の子のラインをゲットする方法【7つの裏技】

【婚活実践テク②】婚活パーティーにおけるトーク術①【心をつかむ方法】

【婚活実践テク⑤】婚活パーティにおけるトーク術②【秘蔵テク公開】





恋愛テクニックランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ゲーセン, トーク術, ナンパ, モテテクニック
-, , ,

Copyright© モテ男が教えるモテテク講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.