お金 デート

お金の話#4 イオンの株主優待で年2万円のおこづかい!

更新日:

kschneider2991 / Pixabay

こんにちは、性欲ゾンビのぶたきち(@butakichi_mote(twitter))です。

私は常時5~6股していますので、デート代、ホテル代が馬鹿になりません。

そのため、普段の私生活はとてもケチケチしています。

そんな中、株主優待を使って、ひっそりとしたお小遣いかせぎをしているので、そのことをお話ししたいと思います。

株主優待って?

株主優待という言葉だけは聞いたことがあると思います。

その名のとおり、株を持っている人がウケられる優遇措置です。

たとえば、ディズニーランドを運営しているオリエンタルランドという会社の株を100株もっているだけで、ディズニーランドの1dayパスポートをタダでもらえたりします。

この優待を得るためには、ずっと株を持っていなきゃいけないわけではなくて、「株主としてカウントされる日」にだけ持っていればいいのです。

この「株主としてカウントされる日」は、「権利付き最終日」と呼ばれます。

この日、1日だけ100株を持っていれば優待をもらえるのです。

株主優待を取得するのに値下がりリスクはない?

権利付き最終日に株を保有していなければなりませんから、「株を100株買うお金」が必要になります。

そして、権利付き最終日に保有していたものを翌日売った時、その株価が値下がりた場合、その分はもちろん損をすることになります。

しかし、「優待クロス取引」という方法を使えば、この値下がりリスクは回避できます。

この「優待クロス取引」とは、「買う株数と同じ分だけ、株を売る」という方法になります。

買った株数と同じ株数を売っていれば、値下がりした分の損は、「空売り」で同額の利益が出るので、相殺できるのです。

もちろん、逆に、値上がりした場合の利益は、「空売り」による損で相殺されるので、儲けも発生しないことになります。

このようにリスク回避ができると、後は手数料等の諸経費しか掛かりません。

ただ、上記クロス取引をするときに、「制度信用売り」というものを選択すると、「逆日歩」というコストが余計にかかります。

この逆日歩は、割と高額になることもあるので、クロス取引のときは必ず「一般信用売り」を選択するようにしましょう。

そうすれば、手数料等だけで株主優待を受けられます。

詳しい方法は、下記のサイトをみてください。

初めての「つなぎ売り」!(SBI証券サイト)

イオンの株主優待の恩恵は?

私が株主優待でお勧めしたいものは、「イオン」の株主優待です。

イオンの株主優待は、「株主優待カード」です。

このカードがあると、全国のイオン系列のお店で3%の現金キャッシュバックを受けられます。

このカードの交付は半年ごとで、半年に50万円の買い物をすると、その3%ですから、1.5万円が返金されます。

消費税が5%になるようなものですね。

このカードは、1回の優待につき2枚届きます。

1枚が自分用で、2枚目は家族用です。

この家族用を別の家庭の方に渡してもOKです。

私は、2枚目を姉に使わせていたところ、非常に無駄遣いしてくれて(?)、優待の返金が半年で1万円弱になりました。

これを1年間に2回受けられるので、約2万円のお小遣いになります。

家族がいる方はもっと返金がなされるのではないでしょうか?

このキャッシュバックのほか、空港やイオンモールの「イオンラウンジ」でジュースなどを無料で飲んで休めたりするそうです。

まだぶたきちは使ったことがありませんが、いつか使ってみたいですね。

イオンの株主優待を獲得するにはいくらかかるの?

イオンの株価は、約2400円(6/13現在)です。

優待を受けるには100株保有する必要があるので、購入のために約24万円必要です。

また、信用売りをするには、実際に売買する株価の大体1/3ほどを用意していれば済むのですが、最低30万円を用意する必要があるので、合計約54万円が必要になります。

ただ、この54万円は、用意する必要があるだけで、クロス取引にしていれば損をすることはないので、実際にはコスト0と考えてOKです。

単なる「道具」として54万円が必要だと考えていてください。

実際にお金がとられるのは、売買手数料です。

SBI証券でクロス取引をするとすると、手数料は売買金額で変動しますが、24万円の株であれば、購入手数料は270円で、信用売りをするときの手数料は194円です。

よって、計464円です。

そのほか、信用売りをしたときにかかる貸株料というのが、年利3.09%かかります。

優待取得には、信用売り期間が2日間必要なので、3.09%×2日/365日=0.0169%

これに24万円をかけると、約40円になります。

よって、これと手数料を合わせると、優待を取得するのに必要な経費は総計504円になります。

54万円を口座に入金して、504円をひかれるだけで、半年に1万円のボーナスが出るなら、やらない手はないと思います。

まとめ

1年に2万円のキャッシュバックはデカいです。

一生があと50年続くとして、これをやるのとやらないのとでは、100万円の差ですからね。

ちいさいところからコツコツと。

ラブホテル代は1日にしてならず。ですね。





恋愛テクニックランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-お金, デート
-, ,

Copyright© モテ男が教えるモテテク講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.