モテテクニック 婚活パーティー 未分類

【何曜日がいいの?】婚活パーティーへの参加におすすめの曜日と参加女性の職業【どんな職業が多い?】

更新日:

StarFlames / Pixabay

こんにちは!ぶたきち(@butakichi_mote(twitter))です。

 

今回は、婚活パーティーに参加するのに適した「曜日」と「どんな職業の女の子がくるのか」の2点についてお伝えします。

 

女性の多い日を抑えれば、効率的に美女探しをできるようになります。

また、相手女性の職業を抑えれば、話題などトークの心構えができます。

確認しておきましょう。

 

1 参加者が多い曜日、女の子を落としやすい曜日は?

 

婚活パーティーの参加者が一番多いのが土曜の夜です。

パーティーが終わった後、「一緒に参加した女友達とお酒を飲んで帰る」というプランで婚活に来ている女性が多いです。

婚活パーティーで最も大事なのは「参加人数」ですので、参加者の多い土曜の夜がねらい目です。

 

ただ、土曜日は男性陣も多く、競争率が高めになります。

 

その点、平日は競争率がかなり下がります。

ぶたきちの経験上平日のパーティーは、女性の参加人数が少ないかわりに、勝率(メアドをもらえる率&その後S〇Xをできる率)が高かったです。

 

人数の多さも捨てがたいですが、競争率の低さも捨てがたいです。では、どうすればいいのでしょうか?

 

そんな人には、「婚活会場の見張り」をオススメします。

 

具体的には、平日に婚活パーティー会場の入り口で「女性の参加者が多いか」を見張って、参加者が多そうだったら参加すればよいのです。

 

平日は男性の参加者が少ないので、10分前に電話しても、おそらくパーティー運営会社は参加させてくれます。

 

婚活会場は、たいていビルやホテルの何階かの部屋をテナントとして借りて開催しているはずです。

そのビルやホテルにきれいな女性が一定数以上入っていくのを確認したら、即電話して参加すればいいのです(もちろん違法ではありません)。

 

実際、ぶたきちも、直前になって「婚活パーティーに参加したい」と思い立ち、急に電話したことがありましたが、パーティ会社は喜んで参加させてくれました。

以上のとおり、

「土曜の夜に参加する」or

「平日のパーティー開始前に会場の入り口で女性の参加状況を確認し、電話をかけて予約をする」

というのが最も効率的に女性と知り合える方法になります。

 

2 婚活パーティーにはどんな女の子がくるの?(職業・年齢)

 

普通の婚活パーティーに来る女性の職業比率は、(ぶたきちの経験則に基づく統計ですが)次のような感じです。

 

多い・・・保育士、看護師、医療事務、一般事務(OL)

中くらい・・・歯科衛生士、販売、テレアポ

少ない・・・公務員、美容師、トリマー

 

やはり、女性といえば保育士と看護師が多いですね。

これらの職業の人と楽しく会話できる話題を用意しておくと女性ウケがよくなるでしょう。

 

年齢については、パーティーごとに「20歳~35歳女性限定」「20代女子限定」などとしっかり区切られているので、あまり心配はいらないです。

ただ、やはり20代前半の参加率は低いです。1パーティーに2~3人しかいません。

そういう若い女性、女子大生などと出会いたいのであれば、もしかするとクラブやナンパの方が効率がいいかもしれません。

 

逆にいえば、「25~35歳の女性の少し焦り始めた女性をどう落としていくか」ということを中心に作戦を考えていけば、より美女と仲良くなれる確率は高まるでしょう。

30~39歳の年齢層でも女優やアイドル、女子アナのようにかわいい見た目の人はたくさん参加しています。

勇気をもってガンガン出会いに行きましょう。

まとめ

さて、今回は、婚活パーティーへの参加に適した曜日と参加女性の年齢と職業についてお伝えしてきました。

ポイントは、

1 土曜の参加or平日の参加者の多いパーティーへの参加が最強

2 保育士と看護師の参加が多い。25~35歳が多い。

というものでした。

婚活パーティーに参加する際の参考にしてください。

↓↓ ぶたきちのモテるテクニックまとめ記事&ナンパ・デート記録はこちらから! ↓↓ 

【ナンパ、婚活】ぶたきちの「モテるテクニック」のまとめページ【筋トレ、デート】

ぶたきちの「ナンパ・デート記録」のまとめページ



恋愛テクニックランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-モテテクニック, 婚活パーティー, 未分類
-, ,

Copyright© モテ男が教えるモテテク講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.