モテる外見 失敗談

ミノキシジル VS 医療脱毛【どっちが勝つ?】

投稿日:

こんにちは、ぶたきち(@butakichi_mote(twitter))です。

毛生え薬として有名な「ミノキシジル」という薬剤を知っていますか?

市販の「リアップ」などにも含まれている成分で、特に、錠剤で服用するとものすごい発毛効果があります。

 

私もこの「ミノキシジルタブレット(錠剤)」によりハゲをなんとか免れている1人です。

この「ミノキシジルタブレット」には、1つだけ、難点があります。

それは、「体毛も濃くなってしまう」ということ。

 

私も、服用前まで毛のない腕だったのに、今では、何もしないとオオカミ男のようにボーボーになってしまう身体となりました。

職場でも、「ぶたきちさん、体毛濃いんですね」といわれたり、

女の子とデートしていても「毛が濃いね」といわれたりするようになりました。

 

個人的にも気になってしまい、脱毛をしてみることにしました。

ネットの情報だと、「エステの脱毛サロンより、医療用脱毛の方が、効果は永続的だし早い」という評価があったので、医療脱毛をやってみることにしました。

本日は、その毛生え薬の錠剤「ミノキシジルタブレット」と「医療脱毛」の効果を説明し、どちらが強いかをお伝えします。

1 ミノキシジルの効果!

ミノキシジルの効果は、人にもよると思いますが、3週間程度で現れます。

私は当時、前頭部、頭頂部がスカスカで、地肌が見えるくらいになっていたのですが、今では剛毛に生え変わりました。

 

ミノキシジルを液体で振りかけるタイプ(カークランド社のもの&リアップ5x)も試しましたが、一番効果があったのは、「Noxidil 5mg」という錠剤タイプでした。

この錠剤タイプは、患部に直接ふりかけるわけではないので、体全体に効果が表れます。

したがって、指先や手首、足の指にまで毛がボーボー生えてきます。

さらに、一番効果があるのが、まつ毛です。

急にラクダのようなまつ毛になるので、すこし美人度がアップします(笑)。

 

また、この「ミノキシジル」は、降圧剤で血管を太くする効果があります。

そのため、血中の水分量が下がります。

ですから、のどが渇いたり、肌が乾燥してシワになりやすくなったりします。

女性の方は注意してください。

2 医療用脱毛の効果!

医療用脱毛については、札幌のとある皮膚科で体験しました。

機械は、「ヤグレーザー」と呼ばれるもので、レーザー照射で毛穴を焼くことで脱毛効果を得るタイプのものでした。

レーザーの出力は最強にしてもらったので、照射のたびに激痛が走るくらいでした。

脱毛をした日はずっと、腕がまっ赤になるくらい痛かったです。

 

レーザーで毛穴を焼くので、照射後1か月間くらいは、全く生えてこなくなります。

ただ、しばらくするとまた生えてくるので、期間をあけながら複数回照射し、脱毛の効果を得ていきます。

医療脱毛では、基本的には「5回で充分」とされていて、私は、前腕と手指の脱毛を5回しました。

金額がものすごく高く、全5回で20万円近くかかったのが、レーザーの痛みよりも痛かったです。

3 果たしてどちらの効果が強い!?

さて、ミノキシジルを毎日朝晩服用しながら、激痛の医療脱毛5回を経験しました。

効果はというと、

「脱毛の効果はあったが、死んでいない毛穴がいくつか残り、そこから鬼のように長い毛が生えてくる」

というものでした。

したがって、5回の脱毛だけでは「完全脱毛」には至らず、まだまだ生えてくるということです。

私は、これからさらにお金をかけて完全脱毛を目指そうと思います。

もしかすると、エステや別の医院での安い治療に切り替えるかもしれませんが、また改めて報告しマス。





恋愛テクニックランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-モテる外見, 失敗談
-, , , ,

Copyright© モテ男が教えるモテテク講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.