エッチ ナンパ・デート記録 婚活パーティー

ナンパ・デート記録#4 「婚活パーティーで知り合った香奈ちゃん」2015年

更新日:

 

こんにちは!ぶたきち(@butakichi_mote(twitter))です。

 

今回は、婚活パーティーで知り合った香奈ちゃん(仮名)についてお話しします。

皆さんが婚活女子を落とす際の参考にしてください。

 

香奈ちゃんとは、ホワイトキーの婚活パーティーで知り合いました。2015年の冬でした。

 

そのときのパーティーは、個室スタイルではなく、フルオープンスタイルでした。

フルオープンスタイルとは、パーティションで区切られているわけではなく、すぐ隣で別の男が次の女性が話をしているという形式のパーティーです。

 

このスタイルでは、全員の女性と3分くらいのトークをしたあと、立食タイム(フリータイム)が20分ほどあります。

この立食タイム中、意中の相手がいたら、ご飯を取り分けてあげたり、話しかけたりしてもいいというものです。

 

ぶたきちは、当時、婚活パーティーに絶対的な自信があったので、この立食タイム中、自分から女性に話しかけに行くことはしませんでした。

そもそも、フリータイムに入る時点で、中間印象シートの提出は終わっており、ほぼそこで戦況は確定しているため、フリータイムでいくら頑張っても結果はあまり変わらないのです。

 

また、フリータイムで女性から話しかけられるということも、ほとんどありませんでしたので、消化試合的にただ突っ立っているのが普通でした。

 

しかし、その日は違いました。

その日の女性の中で2番目くらいにかわいかった子が突然、フリータイム終了間際に駆け寄ってきて、

 

女「あの!消防士の方ですよね!?」

ぶた「え、ちがいますけど。。」

・・・

 

そこでフリータイム終了。

 

何だったんだろう?と思いながらも、婚活パーティーが終了したあと、封筒を開けてみると、その子の携帯番号と「今度よかったらご飯いきませんか?」のメッセージが。

名前は香奈ちゃんということがわかりました。

 

後日、香奈ちゃんと日程を調整してデートにいくことに。香奈ちゃんセレクトで個室イタリアンへ。

初めて会った時には気づかなかったのですが、北川景子似で、顔の大きさがぶたきちの手の平くらいしかないことが判明。

初対面でなぜ気づかなかったのかと思うくらい、「かなりかわいいじゃん」という印象でした。

 

ラクダ色のコートが似合っていて、中はちょっぴりドレスチックな服装、青いレースのタイトスカートは高級感のある大人の可愛さを演出していました。

 

一次会を早々に済ませると、香奈ちゃんは「2次会も予約してるの」とノリノリな様子でした。

二次会は飲食店が集合したビルの7階にある個室小料理屋へ。

 

そこでは「お姉ちゃんが遊び人であること」「昔、婚活パーティーで知り合った野菜ソムリエの資格を持つ男性が最悪な性格だったこと」など他愛のない話をしたのを覚えています。

 

二次会もそろそろ終わりかな、というころ、香奈ちゃんが突然、

「〇〇っていうクラブがあるんだけど、今日いかない?」と提案してきました。

こちら側から提案しようと思ってたところにその提案とは。

まさに「渡りに船」でした。

 

ということでクラブへ。

 

クラブに行ったことがある人ならわかると思いますが、きれいな女性とクラブにいけるだけで、チョー気分が良いです。

男たちはさんざん香奈ちゃんに話しかけてくるのですが、香奈ちゃんはガン無視。

ぶたきちとだけ楽し気に話し、ぶたきちとだけ一緒に手をつなぎ踊ってくれる。それはもう最高の気分。

 

夜中の3時頃になると香奈ちゃんは疲れてソファー席で眠たそうにしていました。

そこへ、ぶたきちが隣に座り、肩を抱き寄せて、「チューしていい?」と聞くと、

香奈「だめぇー。。」

ぶたきち「チューしよっか?」「誰も見てないよ?」

香奈「だめー。そんな一晩でしちゃいけないのー。」

ぶたきち「なんで?眠い?なんで一晩でしちゃいけないの?」

香奈「うんー。もう28歳になるから、ちゃんとしないとだめなのー。」

ぶたきち「いいじゃん、しよう?ね?一回だけ」頭をなでなでする。

香奈「・・・」

 

ぶちゅー。

 

それからは、さっきまで拒否してたのが嘘であるかのように舌をいれまくる香奈ちゃん。

 

ぶちゅぶちゅしながら時間は4時くらいに。

「そろそろホテル行こう?」と提案し、二人で冬の風が吹き荒れるなか、ホテル探しのキャラバンへ。

 

中々ホテルが空いておらず、ラブホテルなのかカプセルホテルなのかもよくわからないさびれたホテルへ到着。

お風呂はスモークガラスになっていて、寝室から体の影だけ見える感じでした。

しかし、そのスモークに一部欠けているところがあり、そこからお風呂を覗けました。

(香奈ちゃん、貧乳だけどカラダは綺麗やな。最高やな)

 

お風呂上りには、二人でラブちゅっちゅ。

カラダの相性は抜群で、何度もビクンビクンしてくれたのがとてもうれしかったです。

 

その後も、何度か香奈ちゃんの自宅に招かれ、そのたびに体を重ね合わせました。

香奈ちゃんは結構さみしがりやで、「じゃあもう帰るわ」というと腕を引っ張って駄々をこねるような感じの子でした。

 

そのころぶたきちは、香奈ちゃんのことを「お姫様みたいだね」といっており、逆にぶたきちは「爺や」と呼ばれていました(謎)。

 

毎回デート終わりには「爺~帰らないでー!帰らないで~!」と駄々をこねてくれました。

今思うととてもかわいらしいのですが、当時は面倒くさいなーと思ってだんだんと会う回数を減らしてしまいました。

いざ離れてしまうと「また会いたいな」と思ってしまう自分勝手な男、ぶたきちでした。





恋愛テクニックランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-エッチ, ナンパ・デート記録, 婚活パーティー
-, ,

Copyright© モテ男が教えるモテテク講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.