クラブ ナンパ ナンパ・デート記録 失敗談

ナンパ・デート記録#7 「ガスパニックの妖怪」2014年【失敗談】

更新日:

 

こんにちは! ぶたきち(@butakichi_mote(twitter))です。

 

本日は、すでにつぶれてしまった六本木の「ガスパニック」というお店での出来事についてお話しします。

簡単にいうと、ナンパした相手がとんでもない女性だったという話です。

 

忘れもしない2014年冬、ぶたきちは出張で東京・永田町に居ました。

重要なひと仕事を終えた後、赤坂のTBSの近くのホテルに戻り、シャワーを浴びて一息ついていました。

「さて、今日はデリヘルでも呼ぶかなー」と思ったのですが、「東京観光もかねて六本木でも見に行くか」という気持ちになり、赤坂から歩いて六本木へ向かうことに。

赤坂から六本木へは、すぐなのですが、そのときはいろいろと迷い込んで乃木坂駅などを経由してうろちょろしたのを覚えています。

 

さて、六本木につくと時刻はまだ11時。以前DJがとても上手だったガスパニックというお店にいくことに。

11時くらいでは、まだクラブはスカスカ状態。

しかし、その中にお立ち台で一人踊り狂う女性が。

薬をやってるのかと思うくらいおかしな動きをしていたので、店員さんに「あの人なんなんですか?」と聞くと、

「ガ〇パニックの妖怪だよ」とひとこと。

なんなんだこいつはと思いつつも、目が合ってしまい、あちらから話しかけてくる。

妖怪「なにーおにいさんー。なんでスーツ着てクラブきてんのー!」

ぶた「はー?なんでもいいだろー!」

妖怪「なんだよー!このやろー!」

とけんか腰だったので、「うるせー!」といいながら妖怪の乳首をギュー!っとつねりました。

すると、その女性は「あー!!」と声をあげ、そこからなぜか(?)、やたらぶたきちに話しかけてくるようになりました。

 

ぶたきちは、仕事上、スーツにバッジをつけているのですが、それを見た妖怪が「なにー?お兄さん弁護士~?」と話しかけてきました。

ぶたきちは「ちがうよ!」と答えるも、女性は「えー!でもなんか偉い人なんでしょー!」とまとわりついてきました。

 

~以下会話~

妖怪「あたしは埼玉でモーター関係の社長をやってるんだよー!」

ぶた「あっそう!」

妖怪「うちの会社見に来るかー?」

ぶた「いいね!とりあえず今日は酒おごってよ社長!」

妖怪「あんたの方が金もってるんだろー!」

ぶた「いいからおごれ」

 

などと会話をし、お酒をおごってもらいました。

変な人でしたが、意外と会話は楽しくて、最初のうちは楽しかったです。

 

しかも、その女性は英語が喋れたし、社長ということだったので、少し尊敬してしまいました。

社長で外人ともしゃべれて頭のおかしい奴って、なかなかいないですからね。

 

そこで意気投合してしまい、その夜は5時くらいまで六本木で一緒に飲んでいました。

 

朝方になると、ぶたきちは秋葉原にも訪問する予定があったので、寝ずに秋葉原を目指すことに。

その旨を告げると妖怪は突然「あたしも秋葉原いくよー!」と一言。

ぶたきちはこんな変人と秋葉原を歩きたくなかったので、「もう帰れ!」と一喝。

しかし、妖怪は引き下がらない。

結局秋葉原まで妖怪がついてくることになりました。

 

ぶたきちもだんだん怖くなり、走って逃げたりしましたが、ずっとその妖怪はついてきます。

そして、なんとその女性は最終的に羽田空港までついてきました。

 

なんとか羽田空港のトイレでうまく撒いて帰ってきましたが、飛行機にのってても、どこかの座席に妖怪が座っているんじゃないかと気が気ではありませんでした。

興味本位で仲良くなるのはいいですが、本当のキチガイと仲良くなってしまうと、こういう惨事に巻き込まれることがあるので注意が必要ですね。





恋愛テクニックランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-クラブ, ナンパ, ナンパ・デート記録, 失敗談
-,

Copyright© モテ男が教えるモテテク講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.