モテる外見 未分類 筋トレ

【脳にスイッチ!】モテるための筋トレを継続させる裏技!【徹底管理!】

更新日:

みなさん筋トレしてますか?

 

モテるためには「筋トレ」がマストです。

でも、なかなか続けられないんですよね。

 

やろうと思ってた日に限って飲み会が入ったり、風邪をひいたり、、、。

今回はそんな「筋トレを妨げる原因」について、対策法をまとめてご紹介します。

筋トレ阻害要因1 体調の悪化(風邪、ねんざ等)への対処

筋トレを阻害する一番の要因が「体調の悪化」です。

 

筋肉が増え始めると、普段よりエネルギーを使う体になるので、風邪などをひきやすく、昼間の眠気も強くなります(経験談)。

 

ですから、筋トレを始めたら、普段より余計にカラダに気をつけなければなりません。

 

夜更かし、酒の飲みすぎはもってのほかですし、手洗いやうがいなどもしっかりとしましょう。

また、風邪予防のために水分を多くとるようにしましょう。

のどが渇いてなくても水を飲むようにしておくと、風邪を予防できます。

 

そのほか、体調の悪化の原因として、酒の飲みすぎもあります。

職場の飲み会など、どうしても付き合わなければならない飲み会もあるかもしれません。

でも、アルコールの量を抑えることはできます。

ちびちびと飲んでお冷をもらうなど、飲む絶対量を減らしていきましょう。

 

また、体調の悪化は、内部的なものだけではありません。

関節痛や皮膚の痛み、寝違えなども筋トレを阻害する要因となります。

 

ぶたきちは一度、階段から落ちたときに足首を”ねんざ”しました。

ねんざの痛みは、3年たった今でも完全にはなくなりません。

 

普段の生活のどこでケガをするかわかりません。

モテるためには普段から色んなリスクを予測して、気を抜かずに生きていくことが必要です。

あなたのカラダは1つですから、大事にしましょう。

 

iPS細胞を発見した山中教授は、「つらい時こそ楽しいことがあると信じ、幸せな時こそ不幸が訪れないか危惧すべきだ」といっていました。

まさにその通りですね。人間万事塞翁が馬です。色んな事に気を付けてモテる男を目指していきましょう。

筋トレ阻害要因2 仕事(残業、付き合い、飲み会)で時間が削られる!

組織で仕事をしていると必ず残業や飲み会がありますね。面倒な世の中です。

送別会シーズンや忘年会シーズンなど飲み会が続くと、忙しくて「筋トレなんてしている暇がない」という日が続くことでしょう。

そんな忙しい日々でも、筋トレを続ける方法があります。

それは、①筋トレに掛かる時間を知る、②自分の脳にスイッチを入れる、③人に宣言する、という方法です。

 

「筋トレにかかる時間を知る」について…

「これだけの時間的余裕があれば、このトレーニングメニューを実行できるな」ということを知っていれば、わずかな時間でも筋トレができます。

たとえば、キツめの腕立てトレーニングを3セット行うだけであれば、朝の15分間で可能です。

ぶたきちのトレーニングメニューでは、目安となる各トレーニングの時間を併記しているので、参考にしてください。

【これで充分!】モテるための筋トレメニュー【腹筋、胸筋etc.】

このほか、歯磨きやお風呂に何分の時間がかかるかを把握していれば、もっと効率的に、生活の中に筋トレを組みこめます。

余裕がある人は、そちらの時間も測ってみるといいでしょう。

 

「自分の脳にスイッチを入れる」について…

人の脳は面白いもので、外部的な条件をきっかけに集中力をアップさせることができます。

これは、パブロフの犬効果(レモンを見ると唾液が出るようなもの)に近い仕組みだと思います。

それを利用して、「これをしたら筋トレの時間」というスイッチを脳内に1つもっておくといいです。

 

脳内のスイッチは、どんなものでも構わないと思いますが、できれば「筋トレを成功させた未来」を想像させるものをスイッチにしておくといいです。

たとえば、ぶたきちは、筋トレをしたくないときには、B’zのRUNという曲を流します。

この曲を流すと、稲葉さんの筋骨隆々の姿を想像できます。

すると、「たくましい体になってキャーキャー言われてる未来」が想像でき、筋トレスイッチが入るのです。

 

ほかにも、「自分の好きな女性の名前を書いた紙を見る」「クラブの動画を見る」なども効果的かもしれません。

ただ、条件がエロに傾きすぎてしまうと、途中で●ナニーしてしまうので、注意してください(経験談)。

 

なお、単純に「5,4,3,2,1、Go!」と自分にカウントダウンをするのも効果的だそうです。試してみてください。

 

「人に宣言する」について…

「筋トレをやります」と宣言するときは、できれば職場、友達、落としたい女性など多くの人に宣言しましょう。

特に女性に宣言をすると、「俺のカラダがかっこよくなったらこの女とラブラブできるぜ」と思い込めます。

かなりモチベーションがあがるのでお勧めです。

 

一方、親や兄弟に宣言をしてもあまり効果はありません。

なぜなら、本質的に「あなたに甘いから」です。そして、あなたも甘えやすいからです。

あなたが筋トレをやめたときに「ダメじゃん!」と厳しめに批判してくれそうな人に筋トレ宣言をしましょう。

 

筋トレ阻害要因3 布団から出られない(冬)

嘘かと思うかもしれませんが、筋トレできなくなる理由の1つに、「寒いから」という理由があります。

冬は寒くて特に筋トレをしたくなくなります。

布団から出ることも苦痛です。

しかし、布団にずっと入っていても筋肉はつきませんし、あなたはモテません。

 

ひと冬なまけるだけで、夏に頑張ったボディは一気に衰えます。

寒いのはわかりますが、それなら全力で暖房をつければいい話です。

暖房費をケチって筋トレが無駄になるなら、それこそ全てが時間の無駄です。

何が一番の目的で、それに向かって何をしなければいけないかを考えましょう。寒くてもガンガン暖房を入れてムキムキマッチョを維持しましょう。

なお、床が冷たいときは、ヨガマットを敷くといいです。

キンキンに冷えた床に手を置いて腕立てをしなくてもよくなります。

腹筋や背筋などもしやすくなるので、できれば手に入れておくといいと思います。

まとめ

筋トレを続けられない原因は、体調、仕事、寒さの3つでした。

対策としては、

1 体調に気を付けよう

2 筋トレにかかる時間を知ろう

3 脳にスイッチを作ろう

4 人に筋トレ宣言をしよう

5 暖房費を節約しないようにしよう

の5つでした。

このほかにも筋トレ阻害要因が出てきたら、その対策をここに追加していきます。

引き続き「モテライフ」を謳歌するために、一緒に筋トレを努力していきましょう。





恋愛テクニックランキング

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-モテる外見, 未分類, 筋トレ
-, ,

Copyright© モテ男が教えるモテテク講座 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.